リスクを限りなく0に抑える!インプラント及び歯周病治療と予防

インプラント治療の魅力

歯型

第二の永久歯とも呼ばれるインプラント治療は、歯の補綴の中でも非常に有効性が高く、本物そっくりの見た目と質感、そして噛み心地を体験することができます。堺市ではインプラントの名医が多くいます。

もっと見る

歯周病は定期検診が大事

歯

命に別状はありませんが、歯周病は放置しておくと取り返しの付かないことになります。歯周病でお困りならば、神奈川では最先端の歯周病治療をしている病院が多く見つかります。

もっと見る

メンテナンスが大事

診察台

インプラント治療は終わってからも、定期的なケアやメンテナンスを行わなければなりません。メンテナンスを怠るとインプラントが抜け落ちてしまう可能性があるからです。大阪市ではメンテナンスもしっかりした病院は多いです。

もっと見る

歯のケアは重要です

医療器具

歯というのは、乳歯から永久歯に変わった後は、二度と生え変わりません。また、虫歯になって溶けてしまった歯は、二度と元通りにはなりません。治療のために削ってしまえば削れたままであり、治療をすればするほど歯は弱まってしまいます。健康的な歯でいつづけるために重要なこととは、虫歯や歯周病にならないために普段から歯のケアを徹底して行うことです。きちんと歯磨きをして歯垢を除去し、口の中をできる限り清潔に保ち続ける。これだけで虫歯や歯周病のリスクは限りなく低くなり、老後も健康的な歯を維持することができます。
そして歯磨きと同じくらい重要な事が、定期的に歯科医院へ通って検査を受けることです。歯科衛生士さんに歯の健康状態をチェックしてもらい、磨き残しや知らないうちにできている虫歯はないかを見てもらいます。そうすれば、虫歯、歯周病のリスクを限りなく0に抑えることが可能です。「歯医者は痛くて怖いところだ」と思っている方もいるかもしれませんが、それは少し前の歯医者さんです。現在は麻酔を用いた無痛治療で痛みを抑えた治療は当たり前になっていますし、きちんと歯磨きをし、健康的な状態ならば痛い目にあうことはほとんどありません。
越谷では、このような予防歯科が盛んであり、虫歯や歯周病になる前に定期的に検査をする患者さんは増え始めています。そのため、越谷のあちこちの歯科医院で予防歯科はあり、歯医者=痛くて怖いところというイメージはもはや過去のものになりつつあります。